送料・宛名印刷・投函代行が無料!
自宅配送の発送予定日
印刷仕上げ(宛名あり)
印刷仕上げ(宛名なし)
写真仕上げ(宛名あり)
写真仕上げ(宛名なし)

年賀状の受付はいつから? ポストに投函できる期間や注意点を解説

年賀状を送るなら、やっぱり元旦に届くようにしたいですよね。
年末の忙しい時期を避けて早めに準備したからといって引受開始前に年賀状を投函すると、相手に年賀状が年内に届いてしまいますので注意が必要です。
年賀状はいつからいつまでに投函すれば元旦に届くのか、引受(受付)期間中に投函するためのポイントなどの気になる情報をまとめました。

年賀状の引受(受付)期間と注意点

年賀状の引受(受付)はいつから?

年賀状の引受(受付)期間は、例年12月15日からとなっています。
年賀状の引受開始前(12月14日以前)に差し出された年賀状は、通常の郵便物と同じ取り扱いになり、投函してから2~3日程度で相手に届いてしまいます。
年賀状の準備が早めに終わったからといって、引受開始前に年賀状を投函しないように気をつけましょう。

年賀状の引受はいつまで?

年賀状を元旦に配達するためには、12月25日までに差し出す必要があります。
年賀状を出すにはポスト投函するか郵便局への持ち込む方法がありますが、ポストに投函する場合は、12月25日の最終集荷時間までに出さないと翌日扱いになってしまいますので、ポストに記載されている最終集荷時間よりも前に出すようにしましょう。
12月26日以降に差し出された年賀状は、1月1日以降で順次配達されます。

年賀状の引受(受付)期間に投函するためのポイント

前もって送付先の住所録リストを準備しておく

年末が近づくにつれ、仕事納めや大掃除、お正月の準備などで忙しくなってしまいますよね。 年賀状作成に時間をかけるのが難しい方は、忙しくなる前の時期に年賀状を送る相手のリスト作成を済ませておくのがおすすめです。

ただ、前もって準備するとしても前年の年賀状を誰からいただいたか、喪中のはがきが届いていないかなどを紙に書き出したりExcelにまとめたりするのは大変ですよね。 しまうまプリントの無料宛名住所録サービスを利用すると、チェックボックスをクリックするだけで送受履歴を管理することができます。

宛名住所録 送受履歴について
https://nenga.n-pri.jp/address/explain/

年末に慌てないようにするために、12月中旬頃までにはリスト準備を済ませておくとよいでしょう。

宛名印刷や投函代行などの代行サービスを活用する

年賀状の準備を早めに終わらせるポイントとして、宛名印刷サービスや、代わりにポストに投函してくれる代行サービスを利用するのもよいでしょう。

パソコンやスマホで年賀状を作成できるサービスは増えており、しまうまプリントではさらに宛名印刷や投函まで、追加料金なしで依頼することができます。
投函代行サービスでは、年賀状の引受(受付)期間よりも前に注文したとしても引受(受付)期間になってから投函されますので、年賀状を出すタイミングを気にしなくてもよくなるのもうれしいポイントです。

宛名印刷のために登録した住所録情報は翌年以降も利用できるので、翌年以降の年賀状の準備も楽になりますね。

年賀状印刷の早割キャンペーンを活用して、お得に注文する

年賀状の作成を早めに終わらせるメリットして、年賀状作成サービスの早期割引キャンペーンがあります。
しまうまプリントでは、「早割」として、早いタイミングで作成するとよりお得に注文することができます。
年賀状作りによる年末の慌ただしさから解放されるだけでなく、お財布にも優しいキャンペーンをぜひご活用ください。

慌ただしい季節でも、パソコンやスマホでラクラク年賀状作成

年賀状の引受(受付)期間や、引受(受付)期間中に投函するためのポイントをご紹介しました。
あまり早く準備しすぎるとポスト投函のタイミングを忘れてしまったり、忙しくて気づけば元旦までに届けられる投函日を過ぎていた…ということも起きてしまいますので、ネット注文で全部お任せするのもおすすめです。
時間のかかる宛名書きやポスト投函までお任せにできるサービスを活用して、便利に高品質な年賀状を作成してみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ

よくあるご質問

年賀状の投函受付開始はいつからですか?

年賀状の引受(受付)期間は、例年12月15日からとなっています。
それよりも早く投函すると相手に年賀状が年内に届いてしまいますので注意が必要です。
こちらの記事内で、年賀状の引受(受付)期間について詳しくご説明しています。

年賀状の引受(受付)期間に投函するためにはどんなことに気をつけたらいいですか?

・前もって送付先の住所録リストを準備しておく
・宛名印刷や投函代行などの代行サービスを活用する
・年賀状印刷の早割キャンペーンを活用して、お得に注文する
といったポイントがあります。

忙しい時期を避けたり便利なサービスを活用して、賢く年賀状作成しましょう。